2020年東京五輪・パラリンピックに向けて国内のドーピング検査体制を国際基準に合わせて強化するため新設された「日本スポーツフェアネス推進機構」が24日、審議委員会を開き、19年度は7千検体程度を採取...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)