能楽師らでつくる能楽協会と日本能楽会は23日、東京都内で記者会見し、2020年の東京五輪・パラリンピック期間中に能と狂言の連続公演を行うと発表した。日本の伝統芸能、文化を国内外にアピールするのが狙い...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)