国際スケート連盟(ISU)が、昨年2月の平昌五輪での抜き打ちドーピング検査で利尿作用のある禁止物質アセタゾラミドに陽性反応を示したスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手(22)に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)