日本体操協会は19日、東京都内で2018年の年間表彰を行い、世界選手権で日本女子初の個人総合銀メダルを獲得した村上茉愛(日体大)は2年連続の最優秀選手賞に輝き「団体総合でのメダルと東京五輪のメダルを...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ