1964年東京五輪で日本女子初の馬術代表になるなど3度の五輪に出場した井上喜久子(いのうえ・きくこ)さんが昨年2月16日、急性心不全のため東京都目黒区の自宅で死去した。93歳。東京都出身。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 馬術TOPへ