レスリング女子で五輪と世界選手権を合わせて16大会連続世界一に輝き、一時代を築いた吉田沙保里選手(至学館大職)が東京五輪を前に突然の現役引退を発表した8日、スポーツ界からは惜しむ声やねぎらいの言葉が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) レスリングTOPへ