2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと地域住民との交流を促す政府の「ホストタウン」事業で、中央アジアのタジキスタンを相手国とする青森市やカリブ海の島国セントビンセント・グレナディ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)