スポーツ界で相次ぐ不祥事を受け、国とスポーツの統括団体が各競技団体の健全化に向けて指導的役割を果たす「円卓会議」の初会合が26日、スポーツ庁で開かれ、鈴木大地長官は「競技団体の適正なガバナンス(統治...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)