2020年東京パラリンピックの聖火リレーで採火式は全47都道府県での実施を目指す方針が固まったことについて、大会組織委員会の布村幸彦副事務総長は21日、大会を象徴する取り組みになることを期待した。「...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)