国際スポーツクライミング連盟が五輪種目の複合について、決勝を従来の6人から8人に増やして争う方式に変更することが13日、分かった。今月上旬の理事会で決めた。幅広い国・地域の選手で決勝を争えるようにす...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 山岳TOPへ