種目別で争う体操の豊田国際競技会最終日は9日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、男子の平行棒は世界選手権代表の萱和磨(順大)が14・550点で優勝し、谷川翔(順大)が2位で並んだ。鉄棒は萱が3位で、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ