2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、大会ビジョンに掲げる「多様性と調和」の実現に向け、障がい者や性的少数者(LGBT)らが働きやすい環境を整備することなどを森喜朗会長ら幹部が宣言する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)