秋の外国人叙勲で旭日重光章を受章した世界空手連盟のアントニオ・エスピノス会長(71)への伝達式が26日、文部科学省で行われ、同会長は「大変名誉なこと。日本生まれの空手が日本の伝統を失うことなく世界的...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 空手TOPへ