国際体操連盟(FIG)は20日、富士通と共同で開発している採点支援システムを今後の国際大会で採用することを決めたと発表した。2020年東京五輪では審判員が採点し、一部の種目でシステムを補助として活用...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ