日本体操協会は16日の常務理事会で、年間の最優秀選手に体操の世界選手権で日本女子初の個人総合銀メダルを獲得し、種目別床運動も3位に入った村上茉愛(日体大)を2年連続で選出した。女子初による特別報奨金...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへトランポリンTOPへ