スポーツ庁の鈴木大地長官は15日、科学的な根拠に基づくスポーツ政策の立案を加速させるため、国内の科学者を代表する組織の日本学術会議に協力を要請した。スポーツをすることによる医療費の削減効果や、学習、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)