バドミントンの男子シングルスで五輪3大会連続銀メダルに輝き、鼻のがんで治療を受けていた36歳のリー・チョンウェイ(マレーシア)が8日、クアラルンプールで記者会見し、2020年東京五輪の金メダルを目指...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ