【マドリード共同】空手の世界選手権第2日は7日、マドリードで行われ、組手の女子55キロ級で山田沙羅(大正大職)は準決勝でポーランド選手に判定で敗れ、10日の3位決定戦に回った。男子75キロ級で西村拳...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 空手TOPへ