【マドリード共同】世界空手連盟(WKF)は5日、マドリードで総会を開き、演武の出来栄えを競う「形」について従来の審判員5人による旗判定を変更し、来年1月から採点方式を導入することを報告した。追加種目...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 空手TOPへ