【ドーハ共同】体操の世界選手権第9日は2日、ドーハで種目別決勝前半が行われ、男子床運動で3連覇を狙った白井健三(日体大)は14・866点で銀メダルとなり、同種目で最多に並ぶ4度目の優勝はならなかった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ