【ドーハ共同】体操の世界選手権第7日は31日、ドーハで男子個人総合決勝が行われ、萱和磨(順大)は6種目合計84・765点で6位、昨年3位の白井健三(日体大)は84・531点で7位に終わった。日本が派...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ