日本重量挙げ協会会長で女子日本代表監督の三宅義行氏に、過去に女子の元選手に対するパワーハラスメントがあったと訴えがあった問題で、協会は28日、パワハラと認定される行為はなかったとする調査報告書を公表...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ