スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は28日、長野市エムウエーブで行われ、男子1500メートルは一戸誠太郎が1分46秒00の大会新記録で初優勝した。平昌冬季五輪5位の小田卓朗が0秒15差の2位...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) スピードスケートTOPへ