【ドーハ共同】体操の世界選手権第2日は26日、ドーハで男子予選が終了し、団体総合で2016年リオデジャネイロ五輪王者の日本は合計253・312点で3位となり、8位までによる29日の決勝に進出した。ロ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ