【ドーハ共同】体操の2020年東京五輪予選を兼ねた世界選手権第1日は25日、ドーハで行われ、男子予選の5班までを終了して団体総合で16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのロシアが258・402点で首位に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ