【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第2日は21日、ブダペストで男子フリースタイルの4階級が行われ、65キロ級で初出場の19歳、乙黒拓斗(山梨学院大)が準決勝でロシア選手を15―10で下して銀メ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) レスリングTOPへ