男子準決勝が行われ、日本はイランに18―7で快勝し、2大会連続で決勝に進出した。18歳の稲場(富山・第一学院高)が6得点、荒井(Kingfisher74)が5得点と活躍した。48年ぶりの金メダルを懸...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水球TOPへ