2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング検査員の養成を目的に、陸上と重量挙げの国際大会を想定した模擬検査の講習会が29日、東京都内で開かれた。会場が競技場という設定で、検体採取を行うドー...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ