2020年東京五輪・パラリンピックなど国際大会で対応できるドーピング検査員を養成するための講習会が23日、東京都内で始まり、英語力などの事前審査を通過した20~60代の約80人が、競技会場などでの尿...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)