【ジュネーブ共同】重量挙げの2020年東京五輪出場枠で、ドーピング違反が相次いだロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの5カ国は最大で男女各1枠、合計2枠までに制限されること...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ