2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場のデザインを手掛けた建築家の隈研吾氏は24日、競技場外側の立体公園の規模を一部、縮小する方針を明らかにした。圧迫感を軽減することなど...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)