自民党スポーツ立国調査会会長の馳浩前文部科学相は25日の会合で、2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題を巡り「政府が新国立競技場の整備で東京都に応分の負担をお願いした経緯を踏まえれば(大会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)