2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会がまとめた大会の予算計画で、総額8200億円と見込む運営関係の費用のうち、テロ対策などで重要さを増す警備費に最多の1600億円を盛り込む方針であることが2...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)