ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプ(HP)で銀メダルを獲得した15歳の平野歩夢(バートン)が18日、東京都内でイベントに出席した。4月から地元新潟県内の高校に進学が決まり「五輪も受験も終わった。気持ちを切り替えていろんなことをやりたい」と目を輝かせた。

周囲からの注目を常に感じているという。それでも地元ではスノーボードに取り組む子どもが増えており「自分のおかげで始めてくれているならうれしい」と話した。

イベントには男子HP銅メダルの平岡卓(フッド)や女子パラレル大回転銀メダルの竹内智香(広島ガス)らも参加した。