スピードスケート・ショートトラックの世界選手権は14日、モントリオールで開幕し、女子1500メートルでソチ冬季五輪代表の桜井美馬(東海東京証券)と菊池萌水(早大)、斎藤仁美(オーエンス)は予選で敗退した。

男子1500メートルは小黒義明(神奈川大)と村竹崇行(島田病院)が予選を突破したが、ともに準決勝で敗れた。上村大輔(大経大氷友会)は予選を通過できなかった。

女子3000メートルリレーで、桜井、斎藤、菊池萌、菊池純礼(長野・小海高)の日本は予選2組の4着に終わり、決勝に進めなかった。(共同)