ソチ冬季五輪の日本選手団団長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子選手強化本部長は6日、スキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)ら金メダル候補が敗れた要因として、選手だけでなく指導者が五輪を特別視しすぎたと指摘し「技術指導だけでなく、どんなタイミングでどう声を掛けるか。コーチのレベルアップも必要」と課題を挙げた。

この日は各競技団体の強化担当者を集め、金メダル一つに終わったソチ五輪を検証する会議が開かれた。JOCは氷上競技の強化拠点となるナショナルトレーニングセンターを東京都内に整備するように国に働きかけている。