【ロンドン共同】国際スケート連盟は5日、フィギュアスケートの世界選手権(26日開幕・さいたまスーパーアリーナ)の出場予定選手を発表し、ソチ冬季五輪の女子で金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)は補欠となり、銀メダルのキム・ヨナ(韓国)は欠場が決まった。

ロシアは五輪の団体制覇に貢献したユリア・リプニツカヤと、同じく15歳のアンナ・ポゴリラヤが代表入り。五輪3位のカロリナ・コストナー(イタリア)はエントリーした。日本勢は浅田真央(中京大)らソチ五輪代表3人が出場する。

男子でソチ五輪のメダリストは「金」だった羽生結弦(ANA)のみ。