【旭川】スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルに輝いた旭川出身の竹内智香(30)=広島ガス、クラーク高出=は27日、五輪後初めて実家のある旭川市に帰郷した。

 羽田から旭川空港に到着した竹内がロビーに姿を見せると、家族や後援会、市民ら約100人が「おめでとう」と拍手で出迎えた。

 義姉の竹内千晴さん(32)から旭川の応援で使った風船を受け取った竹内は、報道陣に「旭川で応援してくれたたくさんの人に会って、メダルを見てもらいたい。温泉にもつかりたい」と話した。

 また、竹内が毎年冬に長野県で行っているスノーボードのキャンプについて「実現可能なら、道内でジュニア向けにやりたい」と意欲を示した。竹内は28日には札幌へ移動する予定。