ソチ冬季パラリンピックが3月7日開幕する。本県関係はみなかみ町出身の阿部敏弘(日本身体障害者スキー協会)=埼玉県深谷市=がアルペンスキー立位で初のメダル獲得を目指す。日本選手団で最年長となる42歳でパラリンピックは5度目の出場。「今までやってきたことを出せれば」と活躍を誓う。

 阿部は旧水上町藤原出身。スキーの強豪、利根商高に進んだ高1の時、オフシーズンのトレーニング中に自転車で転倒して右上肢にまひが残る障害を負った。

 障害者スキーとの出合いは高校卒業後。右腕を体に固定し、左手のストック1本と2本のスキーで立って滑る。すぐに頭角を現し、1992年のアルベールビルでパラリンピック初出場。94年のリレハンメル、98年の長野と連続出場した。