ソチ冬季五輪の日本選手団本隊は25日午前、チャーター機で帰国し、カーリング女子の5位入賞に貢献した二戸市出身の苫米地美智子選手(34)も日本に戻った。二戸市は同日、苫米地選手に市民栄誉賞を贈ることを明らかにした。

 藤原淳市長が同日開会した市議会定例会の冒頭、「今回の活躍は市民に大きな喜びと感動を与えるとともに、将来を担う子どもたちに夢と希望を与える輝かしい活躍だった。末永く栄誉をたたえたい」と市民栄誉賞の贈呈理由を説明した。

 ソチ五輪期間中は市内に横断幕などが掲げられ、福岡高を卒業後にカーリングを始め、五輪代表となった苫米地選手を、市民一体となって応援した。