【ワシントン共同】米海軍は25日、ロシア南部で開催されたソチ冬季五輪のテロ警戒のため黒海に派遣したフリゲート艦テーラーが今月12日にトルコ北部サムスンで停泊準備中に座礁したと発表した。デニス・ボルプ艦長(中佐)は解任された。

米軍はソチでテロなどが起きた際の米国人救出に備え、黒海にテーラーと揚陸指揮艦マウント・ホイットニーを派遣していた。AP通信によるとテーラーは現在もサムスンで修理中。五輪期間中に不測の事態が発生した場合、十分な対応ができなかった可能性が高い。

ソチとサムスンはいずれも黒海に面している。