ソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子で優勝した羽生結弦が25日、所属するANAの東京都内の本社で金メダルの報告を行い「チャンピオンにふさわしい人間になれるように精進していきたい」と笑顔で話した。

会場には約50人の社員が詰め掛け、首から金メダルを掛けた羽生が入場すると大きな拍手に包まれた。快挙のお祝いに、似顔絵が描かれたチョコレートを載せたケーキと、家族旅行がプレゼントされた。

この日帰国したばかりの羽生は恐縮しきりで「今トロントを練習の拠点にしているので、日本にいたい。温泉巡りをしたい」と目尻を下げた。