【ソチ五輪取材班】第22回冬季五輪ソチ大会は23日夜(日本時間24日未明)、ロシア南部ソチのフィシュト五輪スタジアムで閉会式が行われ、17日間のスポーツの祭典は幕を閉じた。史上最多の88カ国・地域から約2900選手が参加し、7競技、98種目で熱戦を繰り広げた。日本は1998年長野五輪の10個に次ぐ歴代2位、海外では最多の金1銀4銅3の合計8個のメダルを獲得した。

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が金メダルに輝き、スノーボード男子ハーフパイプ2位の15歳平野歩夢(バートン)とジャンプ男子ラージヒル2位の41歳葛西紀明(土屋ホーム、上川管内下川町出身)は、日本の冬季五輪メダリストの最年少、最年長記録を塗り替えた。

 ジャンプは男子団体でも、葛西、伊東大貴(雪印メグミルク、下川町出身)、清水礼留飛(れるひ)(雪印メグミルク)、竹内択(北野建設)が銅メダル。道内勢ではスノーボード女子パラレル大回転で、竹内智香(広島ガス、旭川市出身)も銀メダルを手にした。

 2018年の次回大会は韓国・平昌(ピョンチャン)で開かれる。