ソチ冬季五輪が閉幕した23日に発表された日本代表選手のコメントの中で、メダル獲得が確実視されながら4位に終わったジャンプ女子の高梨沙羅選手(17)は「このオリンピックで初めてプレッシャーの恐ろしさを感じました」と心情を吐露した。

高梨選手はコメントで「今まではプレッシャーをかけられるたび、私に期待してくれているからこそだと思い、それを力に変えることができた」とし、過去の大会と、初出場だった五輪との違いを告白。今後は「技術的なトレーニングはもちろん、もっともっと精神的にも強くなっていきたい」とした。