【ソチ共同】第22回冬季五輪ソチ大会は23日夜(日本時間24日未明)、ロシア南部ソチのフィシュト五輪スタジアムで閉会式が行われ、17日間にわたる雪と氷のスポーツの祭典が閉幕した。大会には史上最多の88カ国・地域から約2900選手が参加し、7競技、98種目で熱戦を繰り広げた。

日本選手団は1998年長野五輪の10個に次ぐ歴代2位、海外では最多の8個のメダルを獲得した。閉会式では5位入賞したカーリング女子の小笠原歩(35)=北海道銀行=が開会式に続いて旗手を務め、笑顔で入場した。日本選手は日の丸とロシアの小旗を手にくつろいだ様子で歩いた。