ソチ五輪のスノーボード男子ハーフパイプ(HP)で銅メダルに輝いた18歳の平岡卓が23日、札幌市の札幌ドームで行われたスノーボードのストレートジャンプ大会「トヨタ・ビッグエア」に出場した。五輪出場後初の大会で、成績は予選13位となり準決勝へは進めなかったが「疲れはない。思いっきり滑れた」と満足そうに話した。

あらためて五輪の感想について聞かれ「銅メダルが取れたことは良かったと思っている。自分の滑りを見てスノボに興味を持ってくれる人が、一人でも増えてくれればうれしい」と話した。また「シーズンが終わったら、ゆっくり休息を取りたい」とも言い、笑顔をのぞかせた。