「ソチが日本の女子アイスホッケー界のスタート」「世界で戦い続ける」。ソチ冬季五輪で5試合を戦った女子アイスホッケー日本代表の近藤陽子と中村亜実(ともに八戸市出身、西武)が21日、本紙取材に応じ、今大会で得た経験を今後の五輪初勝利、そしてメダル獲得のための糧とすることを誓った。