メダル2個で部長昇進! ソチ冬季五輪のジャンプでラージヒルは銀メダル、団体は銅メダルに輝いた葛西紀明選手(41)が所属先の土屋ホーム(札幌)で現在の次長職から1階級上の部長職に昇進することが21日、分かった。スキー部総監督を兼ねる川本謙副会長(64)が同日、社内で開かれた五輪報告会で明らかにした。今月末の取締役会を経て、正式に決定する。

 葛西選手は2001年に入社し、スキー部では選手兼監督。川本副会長は「月末の取締役会で満場一致で部長職に決まるだろう」とし、4年後の平昌(ピョンチャン)五輪で金メダルを獲得した場合は「さらに1ランク上の取締役もある」と述べた。