スノーボード女子パラレル回転で、19日のパラレル大回転銀メダルの竹内智香が2個目のメダル獲得に挑戦する。

スピードスケート女子団体追い抜きで、前回バンクーバー五輪2位の日本は、準決勝で強豪オランダと対戦。敗れた場合は3位決定戦に回る。

アルペンスキーの男子回転には湯浅直樹と佐々木明がエントリー。湯浅は1月に右足首を骨折し、準備不足が懸念されるが、力を発揮できるか。

ノルディックスキー距離の女子30キロフリーでは10キロクラシカルと距離複合で入賞を逃した石田正子が最後の種目で悔しさを晴らせるか。ボブスレー男子4人乗りの1、2回戦には日本が登場する。