【ソチ共同】ソチ五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを手にしたキム・ヨナ(韓国)が競技から一夜明けた21日、ソチで記者会見し、6位に終わった浅田真央(中京大)について「浅田は日本で、わたしは韓国で最も注目を浴びたフィギュア選手という共通点がある。その選手の心情を私も理解できると思う。浅田が泣きそうなときは、私もこみ上げてくる」とねぎらいの言葉を掛けた。聯合ニュース(電子版)が報じた。

ジュニア時代からライバルとして争い、タイトルを分け合ってきたが、ともにこのソチを最後の五輪としている。「私たちのように比較され続けた選手はほかにいないだろう」と話した。